診療案内

インプラントって何?

インプラント

歯を失った顎の骨に人工歯根を埋め込んで、天然歯の代わりをさせる方法があります。

人工歯根の種類には多数あり、材質は主にチタンが使われます。どうしても取りはずしの義歯が受け入れられない人や、また歯を削ってブリッジにする方法に抵抗のある人などに適応されます。

原理は人工歯根部分(フィクスチャー)が骨と結合することが必要で、歯槽骨がたくさん存在することや、骨の材質なども大きく関係します。

1回法と2回法があります

インプラント

手術の回数で分類すると1回法と2回法に分類できます。

1回法はインプラントを1回の処置で口腔内に露出させた状態で植立する方法です。 2回法は1回目の手術時にはインプラントを完全に粘膜で覆い、骨の治癒が終わった後に再度手術を行いインプラントを口腔内に露出させる方法です。

1回法は完結的な処置が1度で済むため、患者および術者ともにメリットがありますが、2回法では2回の観血的な処置が必要となります。 感染防御と外力からの回避という手術直後に起こる問題点をできるだけ少なくするには2回法が優れています。

前歯を1本失った場合

インプラント

通常は隣の歯を削って支えにしてブリッジという方法を行います。

ときには神経をとる処置を必要とする事もあります。

歯を削ったり、神経をとる事は、歯にとって不利な条件となり、歯の寿命を短くします。

しかしインプラントなら抜けた部分にインプラントを体に埋め込むことで隣りの歯を削らずに修復ができます。

審美的にも症例にもよりますが、十分満足出きるものとなります。

奥歯を1本失った場合

インプラント

奥歯を1本失った場合これを補うために、主に3つの方法があります。

① このような場合も、普通ブリッジとよばれる治療方法が行われます。前後の歯を削り、橋渡して真中の歯を修復する治療方法です。

② 前後の歯を削りたくない場合は、小さな入れ歯を作って噛めるようにします。何れの方法も他の歯牙に負担をかけることが欠点といえます。

③ しかしインプラントを応用すれば、抜けた部分に1本挿入することで両隣在歯を削らずに修復出来ます。

インプラントは人口の材料で出来ていますからう蝕にはなりませんが、毎日の手入れ(プラークコントロール)が不良になっ たり過剰な負担がかかると歯周病と同じ症状を生じる事があります。
毎日のプラークコントロールや定期健診を続けることが大切です。

奥歯を2本以上失った場合

インプラント

奥歯を2本以上失った場合治療方法は、入れ歯を装着するのが普通でした。インプラントを応用すると入れ歯のような取り外しをする必要がなくなります。

歯を失った場所にインプラントを2本~3本埋入し人口の歯を固定します。

固定の方法にはセメントで付ける方法と小さなネジで止める方法があります。どちらも長所と短所があり、術者(歯科医師) が選択します。

多数の歯を失った場合

インプラント

歯を多数本失ったり全部失った場合は、従来入れ歯を装着しました。

多数歯にわたる取りはずしの入れ歯に対する患者さんの不満は多く、特に顎の骨が痩せてしまった人の総入れ歯は安定しないことが多くあります。

このような場合にインプラントを応用すれば快適な食事が可能になるのです。歯が1本も無い場合でも1~5本のインプラントを埋入し、その上に義歯が乗るような構造のオーバーデンチャーにできます。

固定の方法としてマグネットを使ったり、金属の棒で留めを作ったりします。6~14本のインプラントを埋入すると取りはずしの入れ歯でなく固定式の義歯が可能となります。

骨の状態によっては多数の埋入はできることもありますが、骨を移植したり骨の増殖を誘導することで応用できるようにもなります。

インプラントが出来ない人

インプラントを応用する事により従来の治療法では不可能と思われる処置も可能になりましたが、残念ながらすべての症例に応用できるわけではありません。

インプラントが出来ない症例として全身的条件で重度糖尿病や肝臓病などの患者さんには適応できません。

なお骨粗鬆症や出血性素因の患者さんもインプラントには適していません。

局所的条件としては、インプラントを埋め込む部分の骨が不足して いる場合や、歯周病がある場合です。

また、口腔乾燥症や歯ぎしりなども悪影響を及ぼします。

全身的条件

●重度の全身疾患
●骨形成不全
●薬物・アルコール中毒
●創傷の治癒を遅らせる疾患
(重度糖尿病、肝臓病、等)
●骨粗鬆症
●出血性素因

局所的条件

●健康な骨の不足
●治癒していない歯周病
●口腔乾燥症
●ブラキシズム(歯ぎしり)

シミュレーションソフトの活用

当院では、iCATインプラント埋入シミュレーションソフトを採用しています。

一般の歯科用レントゲンでは、骨の2次元的な画像しか見ることが出来ません。

もっと詳しく骨の状態を調べるにはCT(コンピュータ断層撮影)の検査を行う必要があります。

CT画像から顎の骨の形体・大きさ・硬さ・神経の位置等を確認することが出来ます。

そのCTの画像を元にiCATのインプラント埋入シミュレーションソフトを用いることによりインプラント埋入したい顎の骨の情報を詳細に確認することが出来、インプラント手術をより安全に的確に行うことが出来ます。

ICAT


インプラント手術時のリスク

■血管や神経の損傷
インプラントの穴を開ける際に、大事な血管や神経を誤って傷つけてしまうことがあります。CT撮影を行わずにインプラント手術を行うと、このような事故が起こる場合があります。

■骨の貫通、上顎洞への突き抜け
骨の状態をよく把握せずにインプラント手術を行うと、インプラントの穴をほる段階で方向を間違えて骨を貫通したり、上顎洞と呼ばれる副鼻腔にインプラントが突き抜けたりすることがあります。こちらもCT撮影を行わない場合に起こりがちなトラブルです。

■オーバーヒート
インプラントの穴を開ける際に、ドリルの回転が強すぎたり、力がかかりすぎると、骨が火傷を負った状態(オーバーヒート)となり、骨が壊死してしまいます。こちらはインプラント治療に未熟な歯科医師によって起こる場合がほとんどです。

■細菌感染
きちんと消毒滅菌がなされていない器具を使って手術を行なったり、口腔内が不衛生な状態で手術を行うと、インプラントを行なった傷口より細菌感染を起こすことがあります。



インプラント治療後のリスク

■インプラントが骨とくっつかない
骨不足や骨の質が悪い、細菌感染、インプラントに異常な力がかかった、というようなことが原因でインプラントと骨がうまくくっつかない場合が稀にあります。

■インプラント周囲炎
お口の清掃状態が悪かったり、歯科医院での定期的なメインテナンスを怠ったりすると、インプラントの周囲に歯周病菌が感染してインプラント周囲炎を起こし、インプラントが長持ちしないことがあります。

※当院では、インプラント治療の経験豊富な歯科医師が、衛生管理を徹底した環境でインプラント手術を行っています。また、インプラント手術を行う前に必ずCTスキャンを行ない、あごの骨の状態をしっかりと把握した状態で安全・確実な施術を行いますので、安心して治療を受けていただくことができます。
また、インプラントが入った後も、インプラントを長期的に使っていただけるよう、メインテナンスにも力を入れております。



インプラントのデメリット

■治療費が高額
インプラント治療は保険が適用されませんので、どうしても他の治療に比べると高額になってしまいます。
⇒治療費はこちら

■手術を受ける必要がある
ブリッジや入れ歯と違い、インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込む手術が必要になります。麻酔はしっかりと効いた状態で行いますので、痛みを感じることはほとんどありませんが、重度の全身疾患がある方でリスクが高い場合には手術が行えない場合があります。

■治療期間が長くかかる
インプラントは、骨の状態にもよりますが、骨と結合するまでに数ヶ月を要します。そのため、最終的に人工歯が入るまで、通常3ヶ月〜6ヶ月ほど治療期間がかかってしまいます。

※インプラントは治療費が高額にはなりますが、しっかりとお手入れをすれば半永久的に持たせることも可能な治療です。つまり、他の治療と比較して結果的に長く持たせることができるため、一概に高額とも言いきれない部分もあります。
また、治療期間は他の治療に比べて一般的に長くかかりますが、場合によってはすぐに仮歯を入れることも可能ですので、ご相談ください。

CT

インプラント

お子様の歯の健康

顎関節症などの治療

レーザー治療

訪問診療

矯正歯科

さわだ歯科

大阪府八尾市山本町1-10-5

電話番号072-999-8888

駐車スペース:4台

アクセスマップ

アクセスマップの詳細ページを見る

求人案内

求人案内の詳細ページを見る

ページの先頭へ