〒581-0867
大阪府八尾市山本町1-10-5

電話マーク

お電話

メニュー

根管治療 イメージ
見出しアイコン

根管治療

根管治療は神経の治療

神経

歯の中には痛みを知覚し、歯質に栄養補給する神経があります。
この神経が虫歯に達したときや、神経の治療後に再度細菌感染を起こしたときにおこなう治療法を根管治療といいます。

歯がどれだけ多く残っているかは健康寿命に大きな関わりがあるため、この根管治療を正しくおこなうことがとても大切です。
根管治療は根管内部が消毒されるまで繰り返す必要がある、時間のかかる治療です。
その歯を残すことがいかに大切か、そのためにおこなわれる根管治療がどのようなものなのか知り、健康の増進につなげましょう。

こちらのページでは、根管治療の内容についてご説明しています。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 神経を抜く治療について知りたい
  • 神経を抜かずに治療したい
  • 神経を抜くことに不安がある
  • 神経を抜いた歯が痛みだした 
  • 神経を抜いた歯が腫れている
  • 丁寧な根管治療を受けたい

根管治療について

根管治療は、虫歯が神経に達しているときにおこなわれる治療です。
そのため、そうなる前に虫歯を治療し神経を残せることが望ましいです。
しかし神経に達してしまった場合は、根管治療をおこなわなくてはなりません。
根管治療は、歯を残すための最後の砦ともいえる治療方法です。

根管治療とは?

根管治療

●根っこの治療

根管治療とは、神経を抜く処置を含む、根管内の治療全般のことを指します。
歯には歯に栄養を補給するための神経が通っています。
虫歯になり、ここに虫歯菌が到達すると激しい痛みをともないます。
そこで神経を取り、中をきれいにする必要があります。

●中を無菌状態にする

根管治療の目的は感染した神経を取り除き、中を無菌状態にすることです。
中に細菌が残ってしまうと再度腫れて痛みを引き起こし、場合によっては抜歯につながってしまう可能性もあります。
無菌状態にするために何度も消毒剤を入れ替えるのが基本的な根管治療です。

●再治療のケースもある

一度交換治療が完了していても、中で再度感染を起こすと、歯根付近に膿の塊ができることがあります。
こうなると神経の痛みとはまた違う痛みが発生し、再治療の必要が出てきます。

根管治療が必要となる症状

歯を痛がる女性

●C3以上の虫歯

根管治療が必要となる症状は、C3以上の虫歯です。
C3以上の虫歯では、神経が虫歯菌に感染しています。
また歯根が壊死した状態のC4も、抜歯を免れることができれば、根管治療をおこなう櫃量があります。

●歯根嚢胞などの根尖の病気

歯根嚢胞など、根の先の部分に膿が溜まった状態も根管治療の適用となります。
根管治療の際は、再度細菌が入り込まないように根管内につめものをしますが、かぶせ物の適合が悪くても再度感染が起こる可能性があります。根の治療だけでなくかぶせ物のクオリティも高くなければ、再感染し再根管治療となってしまうケースもあるのです。

●痛みや腫れ

神経の細菌感染、根尖付近にできる歯根嚢胞などはどちらも痛みをともなうことがあります。
虫歯が大きくて痛みが出た場合、一度神経の治療をおこなったのに痛みが出た場合は、根管治療が必要となります。

さわだデンタルクリニックの
根管治療

できるだけ歯を抜かない治療をおこなっています。
昔の歯科では痛みが出る歯は早めに抜いてしまうなどの考え方もありました。
しかし現在では健康寿命の増進や生活の質の向上をはかるため、できるだけその方の歯を残すという考え方に変わっています。
当院でもできるだけ歯を抜かず、根管治療歯を残せるようにつとめています。

治療のポリシー

歯の模型と治療器具

●ラバーダムを用いた丁寧な治療

治療中、お口の中の菌が唾液に乗って歯の内部に入ってしまうと、いつまで経っても感染が取れず治りが悪くなり治療の成功率が下がってしまいます。当院ではラバーダムと呼ばれるゴムのマスクを治療する歯に掛けて、治療する歯をお口の中から隔離した上で根の治療をおこないます。唾液が歯の内部へ流入するのを防ぐだけでなく、消毒に使う薬剤がお口の中に漏れてしまうのを防いだり、お口な中に器具が落ちて誤飲してしまうのを防止するためにも役立ちます。
ラテックスアレルギーがある方には、ノンラテックスのものを使用いたしますのでご安心ください。

●CTによる精密な検査

歯の中の神経が入っている根の管は、細くなっていて肉眼では見えないことや、特殊な形態をしていることがあります。CTによる精密検査をおこなうことで、歯の神経を取り残さず、その歯に合ったオーダーメイドの治療を可能にします。

●マイクロスコープを用いた精密な治療

歯の根っこの中は約0.3mm程度の太さになっており、肉眼でははっきりと見えないため、拡大視野で治療をおこなわなければ、手探りでの治療となってしまいます。当院では、マイクロスコープと呼ばれる歯科用の顕微鏡を用い最大20倍まで拡大して治療をおこないます。

●痛みの少ない治療

浸潤麻酔だけでなく表面麻酔もおこない、麻酔自体の痛みを軽減しながら治療をおこないます。
神経まで達した虫歯は痛みをともないます。また、下の奥歯で麻酔が効きづらいときには、伝達麻酔と呼ばれるブロック注射をおこないます。
治療では痛みを取り除き、安心して処置できるように力を尽くしています。

治療内容

治療の流れ

●歯を削る

まずは根管を露出させるために歯を削ります。
根管は歯冠の深い部分にから歯根にかけて存在しているため、特に臼歯部などでは大きく歯冠を削りとる必要があります。

●神経の除去

歯冠を削り取って根管を露出させることができたら、神経の除去をおこないます。
細いねじのような器具を使い、神経をからめ取るようにして除去します。

●神経の長さの測定

神経の長さや本数はその方によってそれぞれです。
最後に根管を塞ぐときにきちんと先端までふさげるよう、その方の神経がどのぐらいの長さなのか計っておく必要があります。
この、神経の長さを測る治療を根管長測定といいます。

●根管の拡大

根管はとても細いため、そのままの細さだと充填剤をつめることができません。
そのためやすりのような器具を使って根管を拡大します。

●消毒

根管の拡大は数回に分けておこないます。
そのたびに消毒剤をつめ、今回の中を少しずつ無菌状態にします。
消毒、拡大おこない、1週間程度で再来院していただく、これを何度か繰り返します。
また、再治療でご覧いただいた方は、神経を抜く治療からおこなった方よりも回数がかかる可能性があります。

●根管充填

消毒が終わったら、今回アクセスした部分や、根尖から再び細菌が入り込まないように、根管にゴムのような材料を集めます。
その後、噛み合わせを回復させるために土台を立て、全体にかぶせものをします。

根管治療の注意点・リスク

歯を痛がる女性

●治療後の痛みについて

神経の入っている部分にアクセスするため、治療後は痛みが出ることがあります。
また歯根嚢胞の方などで再治療になった場合は、アクセスした根管からが出てくることがあります。

●数回以上のご来院が必要です

根管治療は回数のかかる治療です。
根管の拡大と内部の消毒には、数回のご来院が必要です。
途中で通うのを辞めてしまうと、痛みが出る可能性があります。
根管治療中は特にきちんとご来院いただけますようお願いいたします。

●欠けたり割れたりしやすいので注意

神経を抜いた歯はとても割れたりかけたりしやすい状態です。
この状態は、神経を抜いた後から上にかぶせものをするまで続きます。
神経の治療をおこなっている間は、その歯で硬いものを食べないように注意してください。


予約ボタン

料金表

料金表

テキスト テキスト 1000~

治療の流れ

01

受付

まずはお電話でご予約をお取りください。 ご予約日にご来院いただいたら受付で問診票をご記入いただけます。
全身状態などについてもお聞きします。
お悩みのことがありましたら遠慮なくご相談ください。
また、強い痛みがあるときは、お電話でお申し出ください。

02

検査・カウンセリング

治療の前にはカウンセリングをおこないます。
どのようなお悩みがあるのかお聞かせください。
また、痛みがある場合でもレントゲンなどの事前検査は必要です。
ご了承ください。

03

歯の切削

虫歯部分を取り除き、根管を露出させる処置をおこないます。

04

根管治療

神経を除去した後内部の消毒、拡大、長さの測定をおこないます。

05

根管充填

内部にゴムのような材料をつめ、再感染を防ぎます。
充填が終わったら土台を立て、かぶせものをします。

治療を終えたら

根管治療を終えたら、かぶせものの処置に入ります。
支台を立て、上にかぶせものをかぶせるまでは、欠け、割れが起きやすいため注意が必要です。

セルフケア

鏡で歯を見る女性

●かぶせものが入るまでは欠けなどに注意

神経は歯に栄養を供給している部分です。
神経を抜いてしまうとこの栄養が止まり、欠けや割れなどがとても起こりやすい状況になります。
そのため上にかぶせものをして歯質を保護するのです。
根管治療後はこのようにもろい歯質が口腔内に露出している状態になるため、気をつけましょう。

●二次カリエスにならないように

根管治療後に上にかぶせものが入った後でも、間から虫歯になってしまうリスクがあります。
二次カリエスにならないように歯肉との境目の部分などは、特に寧に磨くようにしましょう。

●隙間に注意

丁寧に使い続けていても、治療から時間が長く経過すると、かぶせものをつけているセメントの劣化などが起こり、残っている歯とかぶせものの間にギャップという隙間ができることがあります。
これが見られるときは、かぶせものの作り替えを検討する必要があります。

根管治療に関するQ&A

根管治療とは何ですか?

根管治療とは、虫歯処置で神経を取り除いた後、歯の内部をきれいに消毒する治療法です。
また一度根管治療をおこなった歯に再感染が起きた場合も、根管治療をおこないます。

痛みが苦手です。
治療できるでしょうか?

根管治療を行う際は麻酔をおこないますので、痛みを感じずに治療を受けていただけます。
麻酔の針の痛みも和らげるために表面麻酔からおこない、できる限り痛みを取り除いて治療をしています。

なぜ何回も通わなくてはならないのですか?

内部の消毒をおこなうために、数回の治療回数がかかります。
また根管を拡大しなくてはならないため、その操作も並行して数回に分けておこなう必要があります。
きちんと内部が充填できるほどの太さになり、無菌状態になるまで時間がかかります。

神経を抜いた歯が痛みます。
どうしてですか?

神経を抜く治療は、骨の中から歯の中に入ってくる神経を、歯の内部でねじ切るため、痛みが出るケースがあります。
また、以前に神経の治療を既にされている歯であったり、歯の神経が死んでしまっていたりする歯は、根の先に膿が残っていて痛みを伴うことがあります。
ご希望があれば痛み止めをお出ししていますので、受付でお声がけください。

どうしても神経を抜きたくないのですが、抜かずに済まないでしょうか?

当院でも、できるだけ神経は抜かない治療を心がけています。
症状のない場合は、VPT (歯髄温存療法)と呼ばれる治療をおこなって神経を残すことに尽力いたします。
しかし、炎症があるまま放置すると強い痛みが生じる可能性があります。
できる限り神経はお残ししますが、抜かなくてはならないケースも多くあると考えていただけると良いと思います。

治療中は、治療中の歯を使わない方が良いですか?

神経を抜いた後の歯は大変脆くなっているため、治療中は使わないようにしましょう。
上に土台を立て、かぶせものをかぶせ終われば通常通り使うことができます。

自宅での歯磨きで気をつけることありますか?

神経を抜いた後、強く磨くと仮蓋が減ってしまい舌触りが悪くなる可能性があります。
強く歯磨きをしすぎないようにしましょう。
また、歯の周りは清潔に保つように丁寧にブラッシングをおこないましょう。

神経を抜いた歯は腫れますか?

よほど強い炎症があったケースでない限り、見た目でわかるほど大きく腫れるということはないといっていいでしょう。

治療期間の目安を教えてください。

根管治療後に消毒以外の治療も必要になるため、虫歯を削り始めてから神経の内部の掃除をおこない、上にかぶせものができるまで、週に1回通っていただく必要があり、順調に進んだとしても2か月程度の時間がかかると考えて良いでしょう。

著者 Writer

著者画像
澤田 光弘

MEDICAL

審美歯科アイコン

審美歯科

お口の審美面でお悩みの方に対して、ライフスタイルや金銭面を考慮した最適な治療をご提案しています。ホワイトニングやセラミック、ラミネートベニアをはじめとしたさまざまな治療をご用意しています。

ホワイトニングアイコン

ホワイト
ニング

当院ではオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、ダブルホワイトニング、ガムホワイトニングをお受けいただけます。その方のライフスタイルに合わせてカウンセリングを行い、治療計画を立てさせていただきます。お気軽にご相談ください。

セラミック治療アイコン

セラミック
治療

当院ではその患者様に合わせたセラミック治療をお選びいただけます。 今入っている銀歯の部分をセラミックのかぶせものに変える治療もうけたまわっています。 お気軽にご相談ください。

一般歯科アイコン

一般歯科

一般歯科とは、虫歯治療、歯周病治療、入れ歯治療などの一般的な口腔内のトラブルに対応する診療科のことをいいます。患者様にとって一番身近な診療科です。

予防歯科アイコン

予防歯科

予防歯科という考え方は、早期発見、早期治療よりもさらに進んだ考え方です。虫歯や歯周病ができる前に予防し、失われてしまう歯質や歯槽骨を最小限におさえようという目的があります。

矯正歯科アイコン

矯正歯科

当院ではマウスピースによる矯正治療、ワイヤーによる矯正治療を行っています。矯正治療は見た目を改善するだけでなく機能面の改善も行い、長く自分の歯でかめるようにするための治療です。

インビザラインアイコン

インビザ
ライン

インビザラインはとても見た目の良い矯正治療の方法です。 今まではブラケットなどが気になり、矯正治療に踏み出すことに躊躇していた患者様にもおすすめの治療法です。当院ではインビザライン治療を行っています。 ぜひ一度ご相談ください。

インプラントアイコン

インプラント

当院ではインプラント治療をおこなっています。インプラント治療は左右の歯に支持を求めない新しい補綴治療の方法です。天然歯と変わらない見た目や機能を回復させることができます。

小児歯科アイコン

小児歯科

お子様の口腔内は、大人の口腔内と大きく違います。その特徴からきちんと小児歯科について学んでいる専門医がいる歯科医院で治療を受けると安心です。小児歯科でおこなう治療は虫歯治療や予防処置、矯正治療などがあります。

根管治療アイコン

根管治療

根管治療は神経の内部をきれいに消毒するための治療です。再度細菌が入り込まないように充填を行い、上に土台を立て、かぶせものをした時点で治療が完了します。それまでは割れやすいため食事時などに注意しましょう。

口腔外科アイコン

口腔外科

口腔外科では顎関節症や親知らずの抜歯、その他の軟組織疾患など、さまざまな疾患を対象としています。その範囲は幅広く、困難な治療もあるため必要に応じて総合病院への紹介をおこなっています。

ABOUT US

さわだデンタルクリニック

住所

〒581-0867
大阪府八尾市山本町1-10-5

最寄駅

河内山本駅より徒歩2分

駐車場

有り(5台)

09:30〜19:00
お電話でのお問い合わせ

072-999-8888

BACK TO TOP

アクセスアイコン

アクセス

料金アイコン

料金

お電話アイコン

お電話

メニュー